読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

川島幸子の自己紹介

スポンサーリンク

こんにちは!川島幸子です 

 

 

皆さんはじめまして、私は理学療法士の川島幸子と申します。

 

f:id:rigaku1:20151204173545j:plain

 

最初に私自身の自己紹介と、理学療法士という仕事の紹介ををさせてください ^^

少し長いですが、最後まで読んで頂けたらとても嬉しいです!

 

 

 

皆さんは理学療法士という職業を知っていますか?

きっと知らない方もたくさんいると思います。理学療法士とは国家資格であり、リハビリテーションの専門家です。皆さん、病院を受診した際にリハビリテーション科という文字を見たことはありませんか?そこに私たち理学療法士は在籍してします。昔は理学療法士という名前を出しても知らない人が大多数でしたが、やっと最近になり大多数の病院がリハビリテーション科を設けるようになり認知度も徐々に上がってきています。

 

 

 

理学療法士の仕事って何?

 理学療法士の仕事は脳梗塞や脳出血を発症し身体に運動麻痺がでてしまった方、パーキンソン病の方、骨折した方、病気やけがなどで病院に入院されている患者さんのリハビリをしています。また、病院以外でも有料老人ホームやデイサービス、介護老人保健施設などにも在籍しています。

一言で表すと「身体の動きの専門家」と思っていただけいると嬉しいです  ^^

 

 

 

私が理学療法士の道へ進んだきっかけ

 学生のころに祖父が病に倒れたことが理学療法士という職業と出会うきかっけでした。病院で祖父の手足を動かしている理学療法士の姿と懸命にリハビリに励んでいる祖父を見てこの道に進みたいと思うようになっていきました。そして、高校生のころに近くの病院のリハビリテーション科に見学をさせてもらいたいと申し込み見学へ行きました。そこでは、歩く練習やバランスをとる練習、関節の可動範囲を広げる運動、筋トレなどが行われていて、患者さんと理学療法士が一生懸命リハビリに取り組んでいました。

 

患者さんは入院中なので苦しくて、つらい気持ちはあると思うのですが、皆さんとても前向きにリハビリに取り組まれていた光景がとても印象的でした。その時にこの道へ進もうと決めました!

 

 

 

理学療法士になるためには?

文部科学大臣が指定した学校、または厚生労働大臣が指定した理学療法士養成校に入学します。 そして、解剖学や運動学、生理学など人間の体に関する様々な分野の勉強を行います。医学部での検体解剖などにも立ち会わせていただく機会もあり、大変細かく身体について学んでいきます。

 

 

臨床研修も必須科目であり、私が通っていた学校では最終学年に2か月間×3施設合計6か月間の臨床研修を行いました。 研修施設へは同級生と同時に行くことはなく、研修病院の近隣にレオパレスを借り、一人暮らしをしながら研修病院へ通っていました。私は奈良県、香川県、熊本県の3県にまたがり研修をさせていただきました。周りには知っている人は誰もおらず、毎日深夜まで医療書籍を何冊も広げながら、毎夜毎夜襲ってくる猛烈な睡魔と戦いながら症例レポートを書いていたことを・・・今でも鮮明に覚えています。

  

本当に大変でしたが理学療法士になるためには全員が通らなければならない道でした。

 

 

理学療法士の資格はどうやって取得するの? 

学校を卒業すると理学療法士の国家試験の受験資格を得ることが出来ます。そして、年1回行われている国家試験を受け合格すると、晴れて理学療法士となることが出来ます。国家試験を終えた翌日、学校で生徒全員で自己採点を行うのですが、この結果で決まるのかと思うと、あの時は、問題を一つ一つ採点するときに手が震えて、心臓がバクバクしました。

 

 

 

病院で気づいたこと「腰に痛みがある人ばっかり!!」 

理学療法士として働いていると、脳梗塞や骨折などで入院されている方のリハビリをするのですが、皆さん腰痛を持っていることが多いです。また、その患者さんのご家族も腰痛を持っていることが多々ありました。そして、私の家族にも友人にも腰痛を持っている人がたくさんいたのです。しかし、皆さんはその腰痛にどう対処すればいいのか分からないと話していました。また、自分はこんな運動をしている!と教えてくれた方も多くいますが、やはり自己流なので正し方法ではありませんでした。そんな間違った方法を続けていると効果が出ない、更には逆効果になることさえあるのです。 また、腰痛があるにもかかわらず、腰痛を悪化させるような生活習慣をつづけている人も多く、そして、自分の体に悪影響を及ぼしているということにも気づいていない人がほとんどです。

 

それでは、腰痛はいつまでたっても良くはなりません

 

 

 

皆さんにお伝えしたいこと

これから私と一緒に腰痛に関する正しい知識を勉強していきましょう。

自分の腰痛のタイプを知り、ストレッチ・体操・筋トレ方法正しく学習し、あなたを悩ませている腰痛を改善できるよう頑張っていきましょう! 当ページを通じて、理学療法士としての経験を生かし、皆さんの健康つくりのお手伝いが出来れば理学療法士として、これほど嬉しいことはありません。これらから一緒に体のことを勉強し、より健康的な生活を送ることが出来るよう頑張っていきましょう。

 

皆さん、準備はいいですか?といっても、準備する物は何もありませんが (^^)☆

 まずは次にご紹介する腰痛テストあなたの腰痛は何タイプ?から行ってみてください☆

自覚症状があり、自分の腰痛の原因を探りたい方はぜひテストをしてみてください^^

 

 

 

 

スポンサーリンク