現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

あなたの腰の痛みは何タイプ??

スポンサーリンク

はじめまして^^理学療法士の川島幸子と申します!

今、当ページをご覧の皆さんは腰の痛みに悩まされていることと思います。腰の痛みは日常生活に大きな支障をきたしますよね・・・。

朝起きた瞬間から腰の痛みを感じながら会社へ行く準備をし、会社でのパソコン作業中にも腰の痛みを感じ、休日楽しみにしていた趣味のスポーツをしていても腰の痛みに悩まされ・・・。もう毎日が腰痛との共同生活でうんざりですね。

 

自分の腰痛の原因を知っていますか?

あなたの腰の痛みを引き起こしている原因は何なのでしょうか?腰痛とひとくくりにされがちですが、あなたの腰の痛みの原因と友人のAくん、同僚のBちゃんの原因は一緒ではありません。まずは、あなたの腰の痛みの原因を探ることから始めましょう^^!原因がわかれば、それに適した対処がしていけます^^

下記のあてはまる項目にチェックを入れ、一番多かったチェック項目のタイプへ進みましょう! 

 

▢前触れもなく急に鋭く腰が痛む

▢激しい運動、重量物の運搬で腰の痛みが出た

▢楽な姿勢があり、安静時に腰の痛みが引く

▢過去に同様の経験がある

       ⇒あなたは、ぎっくり腰タイプ

 

▢腰を前にかがめると腰の痛みが強まる

▢激しい運動、重量物の運搬で症状がでる

▢仰向けになり足を伸ばして上げると痛む

▢脚やお尻に痺れなどの神経症状がある

       ⇒あなたは、椎間板ヘルニアタイプ

 

▢腰を後ろに反らすと痛みが強まる

▢加齢とともに症状が出た

▢痛みで歩けなくなっても休むとまた歩ける

▢脚やお尻に痺れなどの神経症状がある

       ⇒あなたは、脊柱管狭窄症タイプ

 

▢腰を後に反らすと痛みが強まる

▢ハードなスポーツを続けて起こった

▢同じ姿勢をとり続けると痛みが出る

▢脚やお尻に痺れなどの神経症状がある

       ⇒あなたは、腰椎分離症・すべり症タイプ

 

▢ハードなスポーツを続けていて起こった

▢腰を前後に曲げたときに痛みの差がない

▢いつも腰周りがだるい・疲れている感じがする

       ⇒あなたは、筋・筋膜性腰痛タイプ

 

どの項目のチェックが多かったでしょうか?重複している項目もありますので、一番チェックが多かったタイプへ進んでくださいね^^

腰痛の原因は1つではなく複数の原因が絡み合って起こっていることが多く、上記の5タイプが全てではありませんが、今回は腰の痛みの原因で多い5つのタイプに分類しました。 

あなたはどれにあてはまりましたか^^?

 

理学療法士としての視点も踏まえ、上から順番に解説していきます^^これから一緒に勉強して、腰痛改善を目指しましましょう!!

まずはこちらのぎっくり腰からいきたいと思います。 

 

この記事を読んで下さることであなたの生活が少しでも良くなるよう心を込めて書きたいと思いますので、長くなりますが、どうぞ、これからも気長ににお付き合いください^^

スポンサーリンク