現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

坐骨神経痛3 坐骨神経痛の改善方法

スポンサーリンク

 

先ほどの記事では坐骨神経痛の原因を勉強しましたね^^次は坐骨神経痛の改善方法についてご説明していきたいと思います。最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

 

坐骨神経痛を改善ためにはするには

坐骨神経痛を改善させるには、まず第一に坐骨神経を圧迫している原因を治療していく必要があります。先ほどの記事で坐骨神経痛を起こす原因を以下のようにあげました。

 

①腰椎椎間板ヘルニア

②腰部脊柱管狭窄症

③腰椎分離症・すべり症

④梨状筋症候群

⑤腫瘍

 

この中で、①腰椎椎間板ヘルニア、②腰部脊柱管狭窄症、③腰椎分離症・すべり症、⑤腫瘍については、骨や腫瘍が神経を圧迫している状態なので、まずはその治療を最優先で行う必要があります。

 

坐骨神経痛1の記事でもご説明しましたが、坐骨神経痛は症状であって病名ではありません。坐骨神経を圧迫して神経痛を引き起こしているそもそもの原因があるので、それに対しての治療を先ずは行いましょう。

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療まとめはコチラをご覧ください。

腰部脊柱管狭窄症の治療まとめはコチラをご覧ください。

 

その治療を行った上で、これからご紹介する改善方法を行ってください。

また、④梨状筋症候群については、梨状筋というお尻にある筋肉が緊張状態になることで坐骨神経を圧迫している状態なので、筋肉の問題と言えます。こちらについてはこれからご紹介する方法で改善することができます。

 

 

坐骨神経痛を改善させる方法

では、具体的に何を行えばよいのでしょうか?下記の4点にまとめました。

 

①坐骨神経痛のストレッチ(坐骨神経に負担をかけている硬い筋肉を柔軟にする)

坐骨神経痛の人は坐骨神経の走行している場所に筋肉が硬くなっている場合が大変多いです。その硬くなった筋肉が坐骨神経に負担をかけているのです。また、硬くなった筋肉は体の動きを制限し、同時に筋肉の血流の低下も引き起こします。体の動きが制限され、筋肉の血流が低下すると、さらに筋肉は硬く縮こまっていくという悪循環に陥ります。

 

筋肉をストレッチして柔らかくすることは、坐骨神経痛を改善するためにはかかせません。筋肉を柔らかくして、坐骨神経痛にかかっている負担を軽くして症状を改善させましょう。

 

②坐骨神経痛の柔軟体操(硬い股関節と腰を柔軟にする)

坐骨神経痛の人は股関節と腰が硬くなっている場合が大変多いです。坐骨神経痛の痛みがあるため運動量が減り、さらに上記①であげた内容も影響し、股関節と腰が硬くなるのです。股関節と腰が硬いと坐骨神経痛に加えて、腰痛も併発するリスクが大変高くなりあます(坐骨神経痛の人はすでに腰痛を持っている人が圧倒的に多いです)。

 

よって、硬い股関節と腰の柔軟性を改善させることは、坐骨神経痛を改善するためにはかかせません。

 

 

③坐骨神経痛の筋トレ

坐骨神経痛の筋トレには2つの目的があります。1つ目が坐骨神経痛で弱った筋肉の筋トレ、2つ目は坐骨神経痛をこれから悪化させない・予防するという観点からの筋トレが必要となります。 坐骨神経痛が起こると腰から足にかけての痛みとしびれがあるために、足をかばうような歩き方になってしまい、その結果筋力が落ちることがあります。そして、それをそのままにしておくと、歩いているときにつまずく回数が多くなってしまいます。坐骨神経痛になってから転ぶ人は大変多いのです。

 

また、筋力が弱い状態のままで生活をしていくと、骨格は歪み、姿勢は崩れていきます。そうすると筋肉にストレスがかかり坐骨神経痛を悪化させるリスクが高まります。これを予防するためにも筋トレが必要となります。

 

 

④坐骨神経痛の温熱療法

 坐骨神経痛は患部を温めることで和らぐことが知られています。温熱療法とは温めることで、筋肉の血管を拡張させ血流が改善し、痛みが緩和されます。病院などで行う代表的なものとして、ホットパック、赤外線療法、マイクロ波療法、超音波療法などがあります。すべて機材が必要となり、自宅で行うことは難しいですが、ホットパックについては類似のものを自分で作って利用することができますの、ご紹介したいと思います。また、日常生活で工夫することで体を冷やさないようにすることも大切となってきます。

 

 

この上記の4つを坐骨神経痛を改善するためには行う必要があります。上から順番にご説明していきますの、ぜひ最後までお付き合いいただけたら幸いです^^

坐骨神経痛は本当にお辛いと思います。少しでも早く坐骨神経痛の症状が緩和されるよう、一緒に頑張っていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク