現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法!

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。

MENU

⑤足のストレッチ方法

スポンサーリンク

足の筋肉のストレッチ方法をご紹介します。足の筋肉が硬いと、足をつってしまったり、腰痛の原因となります。足の筋肉と腰痛は一見無関係のように思えますが、足の筋肉は長いものが多く、その筋肉は腰(骨盤・腰椎)と足にかけてつながっています。このことから、足の筋肉が硬くなると腰の動きにも影響が出てきます。足の筋肉が硬い人はぜひ、これからご紹介する足の筋肉のストレッチ方法を実践してください。ストレッチの基本ルールをお読みになっていない人はストレッチを実施する前にこちら(ストレッチの基本的ルール)をご一読ください。

 

足の筋肉は数が多いので、ストレッチ方法も多数あります。足の筋肉全体をストレッチするには下記のストレッチを行う必要があります。数は多いですが、しっかり効果がある方法ですので、ぜひご覧ください。

 

 

股関節の筋肉のストレッチ方法ー①

1、立ち姿勢から片方の足を後ろに引き、腰を下ろします。同時におへそを前へ突き出すように力を入れます。※このとき体をまっずぐに保ちましょう。体が前方に倒れるとストレッチ効果が半減してしまいます。

f:id:rigaku1:20160110172744j:plain

後ろに引いている方の足の付け根の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

股関節の筋肉のストレッチ方法ー②

①右側の足首を、左側のひざの上にのせます。そのまま体を前へ倒していきます。

f:id:rigaku1:20151226121012j:plain

足の付け根の外側の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょ。

 

 

太ももの筋肉のストレッチ方法

1、片方だけ足を曲げます。後ろに手をつき、体を後ろへ倒します。

f:id:rigaku1:20160110180422j:plain

太ももの筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

太もも裏の筋肉のストレッチ方法

1、片足を開き、ゆっくりつま先方向へ体を曲げていきます。

f:id:rigaku1:20160110174350j:plain

太もも裏の筋肉がストレッチされていることを感じながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

お尻の筋肉のストレッチ方法

1、両手でひざを持ち、反対側の肩のほうにひきつけるように足を曲げていきます。※伸ばしている方の足が床から浮かないように注意しましょう。足が浮いたらストレッチの効果が半減していまします。

 f:id:rigaku1:20160110173134j:plain

お尻の筋肉が伸びていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

お尻の横の筋肉のストレッチ方法

1、片ひざを立て、内側へ押し付けつけながら足を曲げます。

f:id:rigaku1:20160110173414j:plain

お尻の横の筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みがでない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

 

ふくらはぎのストレッチ方法

1、足を前後に開き、前方の足の方向へ体重をかけていきます。※後ろ足のかかとが床から離れないように注意しましょう。

 f:id:rigaku1:20160110180853j:plain

ふくらはぎの筋肉がストレッチされていることを確認しながら行いましょう。10秒からはじめ、痛みが出ない人は30秒まで頑張りましょう。

 

 

 

以上が足の筋肉のストレッチ方法です。ストレッチ方法の数が多かったと思いますが、足の筋肉が数が多いので、足の筋肉全体をストレッチするとなるとストレッチの数も必然的に多くなります。効果のある方法なので、ぜひ実践してみて下さい^^

 

 

 

スポンサーリンク