現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法

日本人の80%が経験したことがある腰痛。体の専門家である理学療法士からの視点から、その改善方法をお伝えします。


スポンサーリンク

ぎっくり腰

ぎっくり腰1 ぎっくり腰タイプの方

投稿日:

先ほどの記事の「あなたの腰痛は何タイプ?」であなたの腰の痛みのタイプを探りましたね。まだチェックを行っていない方は、まずあなたの腰の痛みのタイプを探ってみてくださいね^^

前触れもなく急に鋭く腰が痛む。

激しい運動、重量物の運搬で腰の痛みが出た。

☑楽な姿勢があり、安静時に腰の痛みが引く。

過去に同様の経験がある。 

  ⇒あなたは、ぎっくり腰タイプです。

上記に当てはまる症状がある方、あなたはぎっくり腰の可能性があります。これから書きます記事を読んでい頂いて、ぜひ参考にして頂ければ幸いです^^

 

ぎっくり腰とは?

最初に思い浮かべることは何でしょうか?

突然、激しい腰痛に襲われ、その場に崩れ落ち、そのまましばらく立てなくなってしまう・・・。このようなシーンを思い浮かべる人が一番多いと思います。

まさに、その通りです!一番の特徴は、皆さんが思い浮かべたように、「突然起こる腰の激痛」です。 西洋では「魔女の一撃」と呼ばれているそうです。この表現からもおそろしい痛みであることが想像できますね。

f:id:rigaku1:20151205203315j:plain

ぎっくり腰とは急性腰痛のことで、急な動作や重い物を持とうとしたとき、体を変な方向に捻じってしまったときなどに、急に電気が走ったような激痛に襲われます。人によっては、そのまま動けなくなってしまう人もいるほどの激痛であることも多いです。

また、これは病名ではなく、正式には「急性腰痛」「突発性腰痛症」といいます。

私はここまでひどいものではありませんでしたが、ぎっくり腰の1歩手前の状態になったことがあります。それは、病院で理学療法士として仕事をしているときでした。リハビリで使用した椅子を元の場所へ戻そうと、片手で椅子を持ち、無理な体勢で体を後ろへ捻じったときでした・・・・腰に

 「ピキッッ!!!!!」

と、電気が走るような痛みが私を襲いました。あの時は突然の出来事に、その場に座り込み、動けなくなってしまいました。しばらくの間、じっと座り込んだままでしたが、その後、少しずつ体勢を整えて、やっとの思いで椅子に座わることができました。すぐに応急処置を行いました。すると、腰痛は次第に治まり、少しずつ動けるようになってきました。しかし、完全に痛みが消えるまでには2週間ほどを必要としました。

腰に痛みがあると、何をするにも腰を気にしながらの動きになってしまうので、本当に大変でした。しかし、私は幸いにも対処法を知っていたので、この程度で済んだのかもしれません。皆さんがぎっくり腰になってしまったときに、正しい対応が出来るようこれからの記事で一緒に勉強していきたいと思います^^

 

では、まず初めにぎっくり腰は何が原因で起こるのでしょうか?

 次の記事(ぎっくり腰2 ぎっくり腰の原因)でその原因について勉強していきましょう! 

 


スポンサーリンク

-ぎっくり腰

Copyright© 現役!理学療法士が教える30の腰痛改善法 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status